千葉であれば、東京の都心に比べて、中小の個人で運営されている会社や店舗を見つけやすいかもしれません。そしてそういった店舗などは入れ替わりの激しい都心のそれに比べて長年、もしくは代々営業している場合も多いのです。そういったことがフリーランスとしてホームページ製作業を営む上で考えようによっては有利にすることができます。 いわゆる「地域密着型」というスタイルが千葉では有効になるでしょう。地域ごとに小さなコミュニティーに分けて、横のつながりを意識させるホームページつくりをするわけです。例えば、通常ホームページであればそこに貼り付けるリンクというのは、業種的に関連性のあるものというのがほとんどですが、地域密着型のホームページであれば例えば、八百屋のホームページのリンクにクリーニング店のホームページがリンクしてもいいわけです。それらの共通点は「同じ地域にある」ということだけです。なぜなら顧客自体がそこの地域に住んでいる可能性が都市に比べて高いからです。 そういったことで、千葉でのホームページ製作には地域に根ざした「営業力」もまた必要になってきます。しかし場所が限定されているので、営業としては非常にとっかかりさえつかめばとんとん拍子に上手くいく可能性もあります。またそういったホームページは技術的に特に高度である必要もありません。格安で製作して、ホームページの更新自体の頻度を少なくすることで多くのホームページを管理すればいいのです。